「絵本のまち、かわさき」と社会起業家 小松雄也の活動記録

【経歴】神奈川県川崎市出身。明治大学法学部を卒業後、出版業界最大手に就職。入社1年目で複数の企画で全社1位となり、社内のビジネスコンテストでは優秀アイデア賞を獲得。その後独立。 学生時代に周りの「読書離れ」が進んだ現状に強い危機感を抱く。大学図書館で一人奮闘する中、書評合戦ビブリオバトルと出会い、本を通じた人々の交流に可能性を見出す。2014年に読書を通じた世代間の交流、地域活性化や読書教育へと本格的に取り組むため、在学中に一般社団法人ビブリオポルトスを設立。小中学校での読書教育や、新聞で書評を担当する等、精力的な読書普及活動を続ける。第31回人間力大賞 会頭特別賞。「川崎市における読書普及活動」で第10回マニフェスト大賞 審査委員会特別賞(秋吉久美子選)を受賞。

タグ:神奈川新聞

5
本日、神奈川新聞に記事が掲載されました!
20180314神奈川新聞
http://www.kanaloco.jp/article/317158

クラウドファンディングも道半ば、30日まで全力で行きます!!
引き続き、宜しくお願いします。
https://readyfor.jp/projects/biblio-portus15585


小松雄也

5
地元である中原図書館でのビブリオバトルを実施して行くことで、市内の図書館でも話題となりオファーをいただけるようになりました。
本日の舞台は2014年6月1日(日) 場所は川崎市立多摩図書館で「ビブリオバトルを体験しませんか」というイベントを実施しました。
第一回多摩図書館ビブリオバトル
徐々にですがポスターが改良されてきています笑。
元々は明治大学和泉図書館での資料を改造したものです。多摩図書館2
今回は川崎市教育委員会からプレスリリースを出していただきました。
この辺りで初めて「報道発表」なるものの存在を知ります(無知でした)タウンニュース予告記事
結果、実施前の段階でタウンニュースに記事が掲載されたり2014年6月2日神奈川新聞 第一回多摩図書館
イベント当日に記者の方が取材に来ていただき、神奈川新聞に記事が載りました。
記事で紹介されているオシムの本を紹介した彼は、小学生の時からの友人です笑多摩図書館1
今回のタイムスケジュール&紹介された本はこちらです。
エキシビジョンの発表者(バトラー)が全員市関係者なのが特徴です。

【1冊目】強く生きる言葉

【2冊目】生と死の境界線―「最後の自由」を生きる

【3冊目】教室はまちがうところだ

【4冊目】ぼくは本屋のおやじさん (ちくま文庫)
美術館職員・NPO・学校・図書館に所属する皆様が、それぞれ自分たちの領域を紹介するような本の紹介は非常に密度が濃いものとなりました。
10366034_508073605986328_5435180643902902325_n
【チャンプ本】は「ぼくは本屋のおやじさん (ちくま文庫)」。本をこよなく愛していることがひしひしと伝わってくる素晴らしいビブリオバトルでした。
10330433_508073865986302_8761880739765935774_n
その後、参加者全員でのワークショップ型ビブリオバトルを行いました。10440266_508072319319790_2876007417508901478_n
10411878_508072222653133_2986252742788628506_n
10402454_508072249319797_4095929816278503535_n
10390053_508072372653118_6558397535469220620_n
10372051_508072345986454_6857984303674527470_n
10304571_508072179319804_8791211435688149920_n
1601148_508072299319792_3352364851365318880_n
参加者の個性を感じる多様性に満ちた本の数々が紹介されました!
多摩図書館3
最後にアンケートの結果を公表します。
「ビブリオバトルを体験しませんか」 アンケート集約結果
(2014.6.1)参加者37名、報道機関1 回収枚数23

【ビブリオバトルの感想】(下線は多摩図書館で付けました)
○本を愛してやまない様々な年代の方がつどえるたいへんよい機会だった。ワークショップ形式が面白いので続けて欲しいと思う。
○初めのバトルは4名だけだったので、もう少し多いほうがいいなと思いました。皆の前で話すのは緊張しますね。でも面白い本を知れてよかったです。
○次回も参加希望。
○様々な本(良書)を知ることができて面白かった。
○たくさんのおもしろい本を見つけることができただけでなく、さまざまな世代の方々と交流を深めることができた点で、非常に有意義な時間を過ごすことができました。時間があれば次回も参加したいと思います。
○最初難しく、みんなしっかりした本なので、マンガなんて持ってきて平気なのかなあと思っていましたが、やってみると好きな本なので、言いたいことを話せて、マンガだったにもかかわらず,みんなしっかり聞いてくれて、票までもらえてとてもやりがいがあり、おもしろかったです。普段読まない本を他の人が分かりやすく説明してくれたので、読んでみたい本が増えました。
○伝えることが難しいと実感したが、自分の考えを相手が理解しようとしてくれることに喜びを感じた。今後も参加したいと思った。
○グループ形式のビブリオバトルははじめて参加いたしました。とても楽しかったです。進行もとても上手ですね。コミュニケーションツールとしてのお話が響きました。ありがとうございました。
○段取り良く進行していただいたので、要領よく流れを知ることができました。公式ルール通り5分の時間が与えられていれば私の紹介本がチャンプ本でした。かも。
○初めての参加でしたが、本を通した交流の場づくりとして興味深い。
○自分の関心分野とは異なるジャンルの本に出会える面白さ。
○世代による違いからくる“おもしろい本”の多様性
○とてもおもしろかったです。今まで本は読むもので、紹介するということがなかったので。
○自身の愛する本を公然と、熱っぽく語れる貴重な場所です。たいへん楽しめました!!
○幅広い世代の方と交流できる点が好きです。
○ビブリオバトルに参加するのは2回目ですが、だんだん興味がもてる様になりました。
○3分は短いと思いましたが、余計なことを考える暇がなくて、かえってよかったです。なにより、皆さんが前のめりになって聞いて下さって嬉しかったです。ワークショップは絶対あったほうがいいです。また、こういう機会を作ってください。
○いろいろな世代の人が、話す機会が生まれてとてもよかったです。自分では手にとらないと思う本も読みたくなりました。
○楽しかったです。
○はじめて参加させていただきましたが、やはりYouTubeでみるのと違い、Liveはとても楽しかったです。やはりビブリオバトルは会場一体になることも楽しみのひとつなんだと感じました。
○小学校以来、読書感想文というとただ宿題の負担というマイナスイメージで、主体的に読書を楽しむ気持ちになれなかったのが、人を通じて紹介されることで前向きに読んでみたいという気持ちに初めてなりました。初めて伺う言葉ですが私はすてきな出会いと思いました。おっしゃるとおりコミュニケーションの勉強にもなると思います。
○やはり実際に見てみると、実態がわかりました。ありがとうございます。ライブ独特の楽しさがありますね。中学生にもすすめてみようと思います。
○ずっと興味があったのですが、機会がなく今日もたまたま知って参加(見学)しました。次はバトラーで参加したいです。
○まず、自分が実際やってみてすごく楽しかったです。いろいろな方や本に出会えることももちろんですが、ディスカッションタイムなど本を媒介にして話をできることがよかったです。ありがとうございました。

【今後企画して欲しいことなど】
○3ケ月に一度、楽しみにしています。
○ジャンル別のビブリオバトルがあるとよいと思う。
○中原区・多摩区以外の開催もできれば…と思います。
○こういったワークショップ形式だと自分から参加ができて楽しさが伝わりやすいと思うので、今回のようなやり方で、他のところでもやって欲しいです。またぜひ参加したいです!
○同年代での今回のワークショップ
○定期的におこなうと楽しいと思います。
○定例会として、毎月の曜日に図書館ロビーでBBを企画してはいかがでしょう?
○これからも機会があれば参加したい。ありがとうございました。
○小説、エッセイ、漫画等、ジャンル別だともっと面白いかなーと感じました!
○今後も開催されますことを期待いたします。
○テーマを決めて!(科学系とか、まんがとか)やってほしい。

非常に嬉しいアンケート結果となりました。
このように中原図書館でのイベントを契機に、川崎市内での活動がどんどん広がりを見せて行きます。
「読書のまち・かわさき」を盛り上げていく活動はこれからです!

宜しくお願いします。

小松雄也

5
2013年12月21日に川崎市立中原図書館で開催した「第1回中原図書館ビブリオバトル入門&体験講座」を受けて、神奈川新聞に記事が掲載されました。2014年1月18日神奈川新聞
公益財団法人かわさき市民活動センターの方が私のイベントに参加してくださり「市民発~地域をつくる人・活動~」というコーナーに掲載していただきました!
http://www1.kawasaki-shiminkatsudo.or.jp/

【書評会 普及を目指し】
「読書のまち・かわさき」を担っていきたいと、力強く語る大学生がいる。14年前から川崎に住んでいる明治大生の小松雄也さん(23)だ。学業の傍ら、川崎市に「ビブリオバトル」を根付かせるための活動に取り組んでいる。
ビブリオバトルは、ゲーム性を持った書評会のこと。司会者のもと、4~5人の紹介者が、お勧め本の魅力を5分ずつ語り、質問を受けるという形で進んでいく。聴衆の投票によって一番読みたい本(チャンプ本)が選ばれる。
このイベントを川崎に普及させたいと思ったのには、きっかけがある。昨年6月に大学図書館で開催されたビブリオバトルに、世代間の交流、地域活性化やまちづくりの可能性を感じたことだった。
昨年12月に中原図書館で行われた「ビブリオバトル入門&体験講座」には、年齢も性別も違う約30人が集まった。初めて会った人同士が、それぞれ自分の好きな文庫本・小説・漫画など手にすると、自然と話が弾み仲良くなった。今後は、3月1日に第2回の同講座を中原図書館で実施を予定している。
紹介者としても、「ビブリオバトル首都決戦2013」の最終5人まで残る実力者である小松さんは、「自分の紹介した本が、発表をきっかけにいろいろな人たちに読まれていく楽しさを、ぜひ体験してほしい」と話している。

記事にも書かれていますが、第1回のイベントが盛況だったことから川崎市中原区役所からオファーが届きました!
2014年3月1日
なんと川崎市のご当地アイドルである「川崎純情小町」がビブリオバトルに挑戦!
また川崎フロンターレを2013年シーズンで勇退した伊藤宏樹選手と並んでイベントを開催することになりました!(最終戦でマリノスの優勝を阻止して大久保が得点王を獲って最後の交代選手が伊藤宏樹選手!)
こちらは「なかはらメディアネットワーク」のPRを兼ねた企画であり、川崎市中原区より依頼されました。
(あの「ひょっこりひょうたん島」のひとみ座ともご一緒です!)
【なかはらメディアネットワークとは】
テレビ・ラジオ・WEB・季刊誌などの地域メディアが集まり、「なかはらメディアネットワーク」を発足した。地域メディアが連携して区内のあらゆる情報を発掘・発信することにより、地域交流の促進や中原区のイメージアップをめざしている。
http://www.city.kawasaki.jp/nakahara/page/0000048793.html
IMG_1912
「伊藤宏樹さんとふれあいトーク」に参加してきました。
2014年2月28日(金)13時~15時 場所は中原図書館6階多目的室。
プロサッカー選手から「集客プロモーション部」のスタッフとして活躍の場を移した伊藤選手。
私も身長は180cm近くあるが(実際は177cm)、さすが川崎山脈の名は伊達じゃない!
川崎フロンターレは長年にわたって「読書のまち、かわさき」の活動に貢献しています。
そこでさらなる読書活動として、川崎フロンターレの選手によるビブリオバトルを行ってはいかがであろうか、と質疑応答の時間で質問をしてみました。

こちらの質問に対しては、大変有意義な試みで面白い、推薦したい、との言葉をいただきました。
翌日に中原図書館で行われる「第2回中原図書館ビブリオバトル入門&体験講座」へ川崎フロンターレ広報部のスタッフが出席してくれるというから、その本気度が垣間見えました。
(まさかこの時のご縁が、川崎フロンターレとの素晴らしい仕事に繋がるとは夢にも思っていませんでしたが、その話はまた後日させていただきます。)

次の質問では、私は川崎市立西中原中学校の卒業生であることから、中学では、毎年春の時期に体力テストを行う。そこで川崎フロンターレの選手が、中学生たちと全く同じ種目をテストし、それを川崎市で公開したら、プロスポーツ選手の実力を自分たちと比べられる、素晴らしい機会になるのではないか、と提案を行いました。
伊藤選手は、こちらの質問の方により興味を示しました。
シーズン途中での体力テストは、選手たちのリスクになるので、今年の実施は難しいですが、伊藤選手がプレテストとして測定し、公開したら、来年のキャンプでの実行は可能になるのではないか。となんだか実現しそうな回答をいただきました!
川崎フロンターレ!2017年シーズンに悲願のJ1優勝を成し遂げましたが、その素晴らしいスピリットは当時から変わりません!

次はイベントPRのため地元ラジオである「かわさきFM 79.1MHz」にて「Enjoy★なかはら」という番組に出演しました。

「Enjoy★なかはら」のパーソナリティは島岡美延さん。
エネルギッシュな素敵な女性で、ラジオ初体験の私を適切にフォローしていただきました。
なんと、明治大学法学部の先輩であるというから、驚きです!IMG_1911
番組で事前に好きな曲を2曲選んでほしい、とリクエストがありました。
1曲目は明治大学校歌。
(「サワコの朝」で明治大学文学部教授の斉藤孝先生がリクエストして、最高にクールだと思いオマージュしました!)

2曲目はYapoosの赤い戦車。
(大学受験前や勝負の前には必ず私が聞く曲です)

放送後、ラジオ局の前でも写真を撮りました。
2014022817095026f
一所懸命、ラジオ放送に取り組んだところ、嬉しいことに熱い放送だった!と褒めていただきました。
2014年3月1日以降もイベントを開催するなら、是非とも連絡してくれとの申し出をお受けして、人との繋がりの重要性を再確認する素晴らしい機会となりました。
翌日はいよいよ「第2回中原図書館ビブリオバトル入門&体験講座」イベントの成否はいかに?!
https://www.facebook.com/events/267093406787361/
(また当時のFacebookページが見つかりました笑)


小松雄也

このページのトップヘ