「絵本のまち、かわさき」と社会起業家 小松雄也の活動記録

【経歴】神奈川県川崎市出身。明治大学法学部を卒業後、出版業界最大手に就職。入社1年目で複数の企画で全社1位となり、社内のビジネスコンテストでは優秀アイデア賞を獲得。その後独立。 学生時代に周りの「読書離れ」が進んだ現状に強い危機感を抱く。大学図書館で一人奮闘する中、書評合戦ビブリオバトルと出会い、本を通じた人々の交流に可能性を見出す。2014年に読書を通じた世代間の交流、地域活性化や読書教育へと本格的に取り組むため、在学中に一般社団法人ビブリオポルトスを設立。小中学校での読書教育や、新聞で書評を担当する等、精力的な読書普及活動を続ける。第31回人間力大賞 会頭特別賞。「川崎市における読書普及活動」で第10回マニフェスト大賞 審査委員会特別賞(秋吉久美子選)を受賞。

タグ:中原区

5
【「絵本のまち、かわさき」運動を始めました】

地域社会を繋げる架け橋として「絵本」を活用することを思い立ちました。
まずは地元・川崎市中原区周辺から開始します!

この度、10月31日までの約4ヶ月間「絵本のまち、かわさき」運動を始めました。この運動では「絵本」を皆様から直接集めて施設に寄贈します。ご家庭でこどもが大きくなって読まなくなった「絵本」や、どうしても読んで欲しい「絵本」を広く募り、私たちが橋渡しの役割を担うことで、市内の保育園に届けます!

この運動には身近な「絵本」を通じて図書寄贈という社会事業に気軽に参加することで「地域のこども達」との繋がりを実感して欲しいという強い想いがあります。

まずは「1000冊の絵本」を40の施設に届けることを目標に集めて行きます。

お願いしたいことは2点あります。
(1)ご家庭にあまり読まなくなった「絵本」があれば寄贈していただければ幸いです。
(2)この「絵本のまち、かわさき」運動を地元の人たちに広くお伝えして欲しいです。

特に中原区内でしたら私(小松)が自転車で「絵本」を受け取りに行けますので、下記の画像を共有して欲しいです。
「絵本のまち、かわさき」運動

「絵本」を通じて地域に新しい繋がりを作るため、まずは地元から始めてみたいと思います。
どうかご協力を宜しくお願いします。

一般社団法人ビブリオポルトス代表理事 小松雄也

5
2週連続でタウンニュース中原区版に記事が掲載されました!!
地元川崎市のこども文化センター「小杉っこスペース」や近隣小学校にある「わくわくプラザ」への選書図書を寄贈したいと思いますので、これからも宜しくお願いします!!
https://readyfor.jp/projects/biblio-portus15585
thumbnail_小松さん 011
(読書の普及に熱い想いを抱く小松さん) 

支援募り図書寄贈へ
クラウドファンディングに挑戦

一般社団法人ビブリオポルトス(井田杉山町)代表理事の小松雄也さん(27)が今月から、図書の普及をめざしたクラウドファンディングを開始している。
当初の目標金額は10万円で、目標金額に到達した際には、市内の児童養護施設に約100冊の本を寄贈する。
小松さんは、大学在学中に書評合戦ビブリオバトルに出会うと、「読書を通じて夢を実現するこども達を支援したい」と2014年に同法人を起業。読書を通じた世代間交流や地域活性などに取り組んでおり、小中学校高校大学での読書教育や読書の普及活動に努めている。

【一人ひとりに合った選書を】
小松さんは、目標に届いた際には児童養護施設の子どもたちからアンケートを募り、5年間に及ぶビブリオバトル経験などから蓄積したブックリストから、一人ひとりに合った図書を選書し寄贈するという。

開始から6日(3月6日時点)で9万2千円の支援が集まっており、「出だしは順調。とてもありがたいです」と話す小松さん。10万円以上の支援があった際には、こども文化センター「小杉っこスペース」や近隣小学校にある「わくわくプラザ」への寄贈を構想している。

小松さんは「中原区の子どもたちに一冊でも多く本を届けたいので、ご支援をお願いいたします」と話している。支援方法はクラウドファンディングサイトから「クラウドファンディング ビブリオポルトス」で検索を。
https://www.townnews.co.jp/0204/i/2018/03/09/422803.html


小松雄也

このページのトップヘ