「絵本のまち、かわさき」と社会起業家 小松雄也の活動記録

【経歴】神奈川県川崎市出身。明治大学法学部を卒業後、出版業界最大手に就職。入社1年目で複数の企画で全社1位となり、社内のビジネスコンテストでは優秀アイデア賞を獲得。その後独立。 学生時代に周りの「読書離れ」が進んだ現状に強い危機感を抱く。大学図書館で一人奮闘する中、書評合戦ビブリオバトルと出会い、本を通じた人々の交流に可能性を見出す。2014年に読書を通じた世代間の交流、地域活性化や読書教育へと本格的に取り組むため、在学中に一般社団法人ビブリオポルトスを設立。小中学校での読書教育や、新聞で書評を担当する等、精力的な読書普及活動を続ける。第31回人間力大賞 会頭特別賞。「川崎市における読書普及活動」で第10回マニフェスト大賞 審査委員会特別賞(秋吉久美子選)を受賞。

カテゴリ: 書籍

5
「檸檬」梶井基次郎

日本文学史上で最も美しい日本語を書いた人物は誰か?
という議論で三島由紀夫、志賀直哉、中島敦らと並び必ず名前が上がるのが梶井基次郎です。
彼の短編の中で特に「檸檬」と「桜の木の下には」は何度も読み返しました。
声に出して読むと文章をより深く味わうことができる名作です。


檸檬 (280円文庫)

1. 開き直るまでの道程
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終押さえつけていた。
私の経験の中で長らく他人と話す機会を持たずに鬱屈とした思いをため込んでいたのは、カナダから帰ってきた後の浪人1年目のことであります。そんなものは自分の心持次第でどうにかなる、と開き直るようになるまでは時間が必要でした。憂鬱だった当時を振り返ってみると、考え方が単一化して極端に走り、悪い方へ悪い方へと自分から転げ落ちようとする傾向にありました。今からすると笑い話でありますが、当時はとにかく必死だったわけです。やはり心の中に適度な適当さを持つことこそが、一番大切なのかもしれません。

2. 物に一目惚れ
実際あんな単純な冷覚や触覚や嗅覚や視覚が、ずっと昔からこればかり探していたのだと云いたくなった程私にしっくりしたなんて私は不思議に思える。
別に普段からそれを探し求めていたわけではないありませんが、稀にそれを見た瞬間、特別しっくりくるものがあります。最近では現在愛用しているシャープペンシル(和製語)との出会いがそうでありました。理屈ではなく、体にフィットするのです。字を書く右手だけではなく、紙を押さえる左手、いや体全部がこのシャープペンシルと適合しているです。私は字を書くだけで楽しい毎日を送っています。

3. 飽きることで選別する
以前はあんなに私をひきつけた画本が、どうしたことだろう。一枚一枚に眼を晒し終わって後、さてあまりに尋常な周囲を見廻すときのあの変にそぐわない気持ちを、私は以前には好んで味わっていたものであった。……
あれだけ好きだったものなのに、ある日突然興味がなくなってしまうことがあります。特に流行ものに対して、私は三日坊主になることが多い傾向にあります。二日程度、異様に熱中した後、三日目には飽きがきてしまうのです。そんな私の性質の中で、身の回りにあるものは洗練されていくはずだが、必ずしもそうとは限らないことが残念で仕方がありません。

小松雄也

5
未来をつくる図書館 菅谷明子 岩波新書

未来をつくる図書館―ニューヨークからの報告― (岩波新書)
私がニューヨーク公共図書館に興味を持つ契機となった本です。
NPOが89もの多用な図書館を運営するシステムに匹敵するものは、日本では未だ育まれていません。
日本独自の運営方法とニューヨーク公共図書館の良い面を組み合わせた上で、既存の図書館に変革を与えていくことが私の学生時代からの目標です。日本の図書館文化はまだまだ発展することができます。

1. 地域コミュニティからビジネスへ
図書館という公共的な場でビジネス支援というのは最初は違和感があったが、ビジネスを行うためには情報収集が不可欠であり、とりわけ大企業に比べて情報環境が遅れがちな地元の中小企業や個人経営者をサポートするのは、理にかなうと思えるようになった。
日本の図書館は、大方が行政によるものであり、そこにはビジネス的発想が乏しいです。しかし、私は図書館こそが、ビジネスを育む場として最も適していると確信します。地域コミュニティの活動と、ビジネス活動がもっと近くなれば、地元の経済も活性化するに違いありません。

2. 芸術を育てるということ
「アーティストにとって調査は創作の原点です。彼らに必要な資料を提供し、新たなインスピレーションを与えるのが図書館の役割です」。ジャッキー・デイビス舞台図書館館長の言葉は明快であった。
調査・研究は創作活動の源であります。特に芸術を育てるという視点は日本全体に欠けているのではないでしょうか。伝統文化への補助金だけではなく、創作活動全体への支援こそが、図書館の役割であると思います。アーティスト同士のコミュニティ形成、発表の場・情報の提供、一般市民への発信、と今考えただけでもこれだけの役割を担うことができるのです。日本の芸術文化を成熟させるためにも、このような環境整備は急務であります。

3. 市民の情報拠点としての図書館
日本との最も大きな違いとして指摘できるのが、アメリカでは地域の図書館は、市民のくらしを幅広くサポートし、また地域の情報拠点という役割を担っている点だ。
日本での同じような役割は、市役所か区役所でしょうか。しかし、私たちは何かしらの用がないと、そこを訪れないのが現状です。とりあえず図書館に行く、という文化は日本には大学図書館ぐらいにしか根付いていません。特にニューヨーク公共図書館は、911テロの際、どのメディアも混乱している中で、独自の発信をして重要な情報拠点となりました。日本も311の震災を経験した中で、防災の点からも図書館の役割は、地域の情報拠点として環境を整えなければなりません。

小松雄也拝

5
「肉体の悪魔」 ラディゲ 新潮文庫 訳者 新庄嘉章

肉体の悪魔 (新潮文庫)

三島由紀夫が少年時代から耽読した作家、レイモン・ラディゲ(1903~1923)
新潮文庫の本作には表題作ともう二編が収められています。
ワンコインでこの名作が読める現代に心から感謝したいです!
(これは本当に素晴らしいことなのです!)
驚くことなかれ、この作品をラディゲが書いたのは16~18歳の時であります。
パリ近郊の小都市サン=モールに生まれ、14歳から詩を書き始めていたそうです。
これだけの作品を書きながら、ラディゲは腸チフスのため20歳で夭折します。
ラディゲの素晴らしい才能を是非とも堪能して欲しいと思います。

1. 時間を分けて考えたい
こんなぐあいに、遊んだり勉強したりといった生活の不利なことは、一年中まがいものの休暇になってしまうことだった。
浪人生活を三年も(!)歩んできた私にとって、この言葉は首肯せざるを得ません(笑)。しかし、物は言いようで、ギャップイヤーという言葉もあります。カナダへの語学(野球)留学・甲子園でのアルバイト・スポーツジムのインストラクターと、期せずして私はギャップイヤーを満喫していたようです。だが、やはり中途半端な状態では実入りが少ないこともまた事実であります。遊ぶときは遊び、勉強するときは大いに勉強する。このようなけじめと覚悟は、持っていた方が良いのは間違いありません。

2. たまにはストイックに
一番僕を苦しめたのは、僕の官能に課せられた断食だった。僕のいらただしさは、ピアノのないピアニスト、たばこのない愛煙家のそれであった。
意識的に毎日の習慣に制限を加えてみると、自分にとって本当に必要なものが分かってきます。私の場合、長時間のネットサーフィンを一切やめてみると、読書や勉強に費やす時間が劇的に増え、睡眠の質も向上しました。日常生活では、無意識の内に習慣化してしまうものが多いため、試しに一度、無駄かもしれないと思うことを止めてしまうことをお勧めします。ポイントは一切を断つことです。日常には、想像以上に余計な時間が多いため、たまには断食をするぐらいが丁度良いのかもしれません。

3. 静けさが恋しいときもあるが
墓場とか、ある一定の部屋でなければ、死んだ人や、今目の前にいない恋人のことを考えられないものだろうか?
そんなことはないと思います。思索するのに適切な場所というものはあるでしょうが、基本的に考えるという行為は場所を問わないはずです。私は、散歩をしながら考えることが好きです。今まで電車で通り過ぎていた駅に降り、初めて歩く街は格別であります。そこから二時間も三時間もかけて。自分の親しんだ道まで目指すのは、素晴らしい時間です。考えがまとまらない時や、面白い発想が出ない時には、私はとりあえず歩き始めるのです。

小松雄也

5
「下山の思想」五木寛之 幻冬舎新書

下山の思想 (幻冬舎新書)
世界史史上、奇跡ともいわれる復興を果たした経済大国日本は、そろそろ下山の段階にあると著者は指摘します。下山とは、後ろ向きな行動ではなく、次の登山のための準備であるとも言えます。むしろ下山こそが登山の醍醐味ではないでしょうか。
この本は大学生の時に法学部の同級生に勧められました。この同級生も変わり者で、法学部を卒業した後に文学部の大学院に通い、哲学者になる事が将来の目標であると語っていました。面白い友人に勧められた本は、たいていの場合面白いです。

1. 下山こそ油断は禁物
下山の途中で、登山者は登山の努力と労苦を再評価するだろう。下界を眺める余裕も生まれてくるだろう。自分の一生の来し方、行く末をあれこれ思う余裕も出てくるだろう。
私も山が好きです。とは言ってもフル装備での本格的な登山ではなく(雪山は怖いです)、散歩と同じ服装で友人と何時間も話しながら登ることが好きです。山頂に辿り着くと、下山を控えているにもかかわらず、八割方仕事を終えたような気持ちになってしまうことはないでしょうか。しかし、下山こそが最も注視すべき大仕事です。足を踏み外すことは下山中の方が圧倒的に多く、家に帰るまでが登山なのであります。

2. 誰を信頼するのか、しないのか
情報のなかから、なるほどと納得できるものを選んで、日々の暮らしに使う。しかし、巷にあふれる情報は、ほとんど当てにならない。ある人は白といい、ある人は黒という。
私たちは基本的に専門家ではないため、目新しい情報へのリテラシー能力は低くならざるを得ません。信じる、信じないは個人の裁量に丸投げされ、判断は自己責任だとあらゆる場面で切り捨てられます。このような時代では、誰が信頼できるかどうかが、私たちには重要になってきます。それは専門家か、または知見の深い友人であるのか。情報を判断するためには、どの人の判断を参考にするのかが、現代では肝心であります。

3. 努力は続ける才能
努力が苦手に生まれついてきた人間は、どう生きればよいのか。私の少年期の悩みは、常にそのあたりにあった。
好きなことは、やり続けても疲れない、とは私が経験の中で得た哲学です。私の周りにも、ひたすら努力をすることが好きな友人たちがいます。しかし、彼らが全員優秀かと問われると、そうでもありません。おそらく努力には質があるのでしょう。ところで、私は「努力」や「頑張る」といった言葉があまり好きではありません。特に「頑張る」とは、当て字ではあるが、頑なに張るという字面が、力んでいる感じがして、しんどい。もっとリラックスをして、情熱を何かに向けたいと思います。

小松雄也


5
「音楽」三島由紀夫 新潮文庫

本作は婦人雑誌に掲載されていた三島由紀夫執筆の小説です。
三島作品の中でも亜流とされる小説「音楽」だが、私にはむしろ三島らしい作品のように思えます。
特筆して女性の描き方が恐ろしいのです。精神分析が物語の重要な位置を占めることから、三島はやりたい放題に女性の性を追求します。掲載誌が婦人誌であることから、簡潔で分かりやすい文章であるのもより本書の不気味さを際立たせます。

音楽 (新潮文庫 (み-3-17))
1. インポテンツの時代
シュテーケルは、現代は不能者の時代であり、文化的に上層に位する男の大部分は相対的に不能であり女の大部分は不感症だ、とまで言い切っている。
例えば鬱病に対して処方されるセロトニン系の薬は、服用を続けていると、徐々に体に耐性ができてしまいます。同じことが性的興奮についても言えるかもしれません。ただでさえ強い刺激は、インターネットを通して誰もが容易に手に入れることが可能な時代となっています。人間本来の耐性は、数世代程度ではさして変わることはないはずなのではありますが、処方される薬の方がエスカレートしてしまうと、対応できない人が増えてくるのは当然ではないでしょうか。

2. 大抵のものは自分の思い通りにならない
ヒステリーとは、多分、こうした健全な性的興奮の身体的状況を純粋培養しようと試みる復讐的な企てなのである。もっとも「快」を通じてではなく、すべて「不快」を通じて。
ヒステリーとは神経症の一型であります。私たちはこの言葉を、日常生活で気軽に使い過ぎてはいないでしょうか。他人の注意を惹きつけてその支持を期待することは、人間誰しもが持っている承認欲求の一つの形に過ぎませんが、ヒステリーはそれらを体の異常という形でバランスを取ろうとします。例え満たされなくとも大丈夫だ、と客観的に自分をなだめることができれば良いですが、自分を冷静に見ることは難しいものです。多様な考え方を知ることこそが、唯一の処方箋になるのではないでしょうか。

3. 願望は現実の裏返し
「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」という諺が、実は誤訳であって、原典のローマ詩人ユウェナーリスの句は「健全なる肉体には健全なる精神よ宿れかし」と願望の意を秘めたものであるとは、まことに意味が深いと言わねばならない。
日本でも有名な諺が、誤訳であったとは!やはり文武両道という言葉があるように、両方のバランスが重要なのであります。しかし、古代ローマの時代にそのようなことを言ったのは、当時の武者たちの精神が未熟であったのだろうかと邪推してみたくなるのは意地悪でしょうか。