【「絵本のまち、かわさき」運動を始めました】

地域社会を繋げる架け橋として「絵本」を活用することを思い立ちました。
まずは地元・川崎市中原区周辺から開始します!

この度、10月31日までの約4ヶ月間「絵本のまち、かわさき」運動を始めました。この運動では「絵本」を皆様から直接集めて施設に寄贈します。ご家庭でこどもが大きくなって読まなくなった「絵本」や、どうしても読んで欲しい「絵本」を広く募り、私たちが橋渡しの役割を担うことで、市内の保育園に届けます!

この運動には身近な「絵本」を通じて図書寄贈という社会事業に気軽に参加することで「地域のこども達」との繋がりを実感して欲しいという強い想いがあります。

まずは「1000冊の絵本」を40の施設に届けることを目標に集めて行きます。

お願いしたいことは2点あります。
(1)ご家庭にあまり読まなくなった「絵本」があれば寄贈していただければ幸いです。
(2)この「絵本のまち、かわさき」運動を地元の人たちに広くお伝えして欲しいです。

特に中原区内でしたら私(小松)が自転車で「絵本」を受け取りに行けますので、下記の画像を共有して欲しいです。
「絵本のまち、かわさき」運動

「絵本」を通じて地域に新しい繋がりを作るため、まずは地元から始めてみたいと思います。
どうかご協力を宜しくお願いします。

一般社団法人ビブリオポルトス代表理事 小松雄也